地震について稽古をしました。地震のゆれは、流れとして伝わっていきます。こういう流れを地震流れといいます。地震流れが最初に発生した場を震源、震源の真上の地表を震央といいます。地球内に通じる地震流れには、P流れとS流れがあります。P流れは固体・液体・ガスすべての物インナーを伝わりますが、S流れは固体インナーしか伝わりません。また、固体インナーを拡がる速さはP流れのほうがS流れより手っ取り早いだ。このため、地震のタイミング最初に映るゆれはP流れでS流れは僅か遅れて伝わってきます。流れの伝わる速さは、流れを伝える物の状態や部類によって変わります。岩石の部類や情況が変わると地震流れの速さがひっくり返り、流れの屈折や反射が起こります。したがって、地震流れの分かり方を解析することにより、岩石の密度やかたさなど地球内部のフィーリングを推定することができます。このようなことを覚えましたが、久しぶりに聞いたことがあったので、著しく懐かしかっただ。知らないこともあって知れて良かったです。脱毛未成年ok