朝食を食べに行くカフェでよく見かけるオッサン。この人がどういうニックネームで、何をしているかは知りません。でも、気になって仕方がないのです。なんだか? それはお表情が元首相の小泉純一郎君に相似なのです。出会う事がカフェなので、雑誌が置いてありますよね。その雑誌に小泉元首相のフォトが載っていたりすると、ふっと見比べてしまう。そのたびに「似てるなあ」と自ら感心している。それで思わず思うのですが、小泉君に通じると言われたら、楽しいのかな? チャップリンの「独裁人間」や黒澤明の「影武者」を観るとわかりますが、ときの権力人間に通じると、時代のうねりに巻き込まれて相当困難ライフスタイルになってしまうこともあります。小泉君講話だとどうなのだねえ。意外と、トピックにはなるし、お客様に表情を覚えてももらえるし、あまり悪くはないかな。もったいないのは、そのオッサン常にカジュアルな形態をやる実態。背広ビジュアルが見てみたいなあ。再びクリソツになるのになあ。http://www.phsolar.org/