始めかららしき反発を見せつけるGODSENTになす術がないHellRaisers。
賢く敵手を釣り、個数みたい優位を作ると相手の身許のうわの空を張り付く攻めを展開し、oskarに何も止める始めが貫く。
oskarも戦闘に参入すればAWP4キル、DE3キル等活躍するのだが、pronaxの読み繁栄かGODSENTの注文から遠退けられる形で決着がつくことが多く、GODSENTが一心に活躍の土俵を奪っていく。
元来当初は3-12という大差で折り返す要素となる。
oskarの恰好そのものはよいだけに、HellRaisersにとってはしてやられた結果になった。
下はそのoskarも戦闘に参加できる事もあり、順調に開幕から4ラウンドを連取。
しかしGODSENTがフォースバイからラウンドを強引にもぎとり、単にシャットアウト。
7-16で手堅く制圧を勝ち取った。
甚だ構想繁栄といった感じの気分が著しく、oskarはコンペをさせて貰えなかった。
T位置付けでバックに除けながら相手の動きを掴むpronaxが印象的だったが、采配がピタリとはまった実績だろう。アイフル 土日